「サンフランシスコ・シリコンバレー:アメリカ」の記事一覧

「サンフランシスコ・シリコンバレー:アメリカ」の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Ruby 開発者 まつもとひろゆき氏にインタビュー。プログラム言語の歴史、Ruby開発秘話【覚田義明 シリコンバレー・サンフランシスコでの挑戦】

●Ruby 開発者 まつもとひろゆき氏 プログラム言語の歴史を解説。シリコンバレーにあるコンピュター歴史博物館にてインタビュー! http://youtu.be/nUuW8KnnQPA Ruby(ルビー)を開発した まつもとゆきひろ(通称 Matz)による。コンピュター プログラミング言語の歴史について解説をしてもらった。ここはシリコンバレーにあるコンピュター歴史博物館(Computer History Museum)で、そこにプログラミング言語の歴史をマップにしてあるチ (...)

アメリカと日本との海外戦略の違い。シリコンバレーはもう古い! サンフランシスコに本社の意味とは! スタートアップ的スピリッツとは? btraxアメリカ向けサービス! btrax日本向けサービス!

サンフランシスコのWEBコンサルティング会社 btrax のビジョンとサービスを代表のBrandon(ブランドン)がプレゼンテーション。 インタビュアーは日本のWEBコンサルティング会社ペンシルの代表の覚田義明が行います。アメリカ向けサービスとは? 日本向けサービス? アメリカと日本との海外戦略の違い。スタートアップ的スピリッツとは? シリコンバレーはもう古い! サンフランシスコに本社の意味とは! 他社との違いについて、社長のBrandon(ブランドン)に語って (...)

L.A.ロスの友達に会いに来た。マジックキャッスルのお屋敷にも入れた\(^O^)/

IMG_7848
海外に友達もいなければ親戚もいない。 昔、友達が「夏休みにハワイの親戚の家に遊びに行くんだよ」 とか「パリに友達がいて年末に行くんだ〜」とか そんな話しを良く聞いていた。 しかし、僕にはそんな親戚も友達もいない。 みんなは親の友達か、もしくは自分の大学時代の 友達などの路線かも知れない。 しかし、僕の親父も田舎の生まれで高卒で、 僕も田舎で高卒なので海外の友達などいやしない。 そんな状態の僕の人生や家系を嫌だったし、 どうして、みんなには海外の友達がいるの (...)

タクシーアプリ UBER すごいね〜。タクシーが実際に地図の上を走り回ってタクシーがどこにいるのかがリアルに見える。そして簡単に呼べる。凄い!(動画付き)

UBER すごいアプリだね〜。タクシーが実際に地図の上を走り回って、タクシーがどこにいるのかがリアルに見える。そして簡単に呼べる。凄い!して簡単に呼べる。凄い!
ここサンフランシスコで毎日乗っている。 とても便利で快適なuber。 そのUberを使ってタクシー(Uber-X)を呼んでみる。 さて、海外でタクシーを捕まえようと思うと アメリカだけじゃなく世界中でいつも大変な目にあう。 街に流しのタクシーが走っていない。 居たとしても空車かどうか解らない。 また、空車でも止まってくれない。(T_T) 世界中どこに行っても町中でタクシーを捕まえるのは大変だ。 僕は海外旅行に行くと、タクシーを捕まえたい時には、 近くのホテ (...)

サンフランシスコのWEBコンサルティング会社に初出勤!

IMG_7442
今日初出勤だった。サンフランシスコのWEBコンサルティング会社で勤めることが 決まってから不安と楽しみでワクワクドキドキだった。本日は初日、朝10時に出勤しそれからプレゼンを受けた。 現状の会社のサービス、組織、売上、構成、SWOT分析、ポジショニングなど聞かせていただいた。こういう風に全体と詳細を聞くのは面白い。会社の輪郭と中身が一瞬で解る。 僕自身がただの新卒やインターシップでは無いので 敬意払ってプレゼンしてくれていることが解る。 資料のほとんどが (...)

覚田義明の履歴書と経歴書・シリコンバレー・サンフランシスコ版2013年(かくだよしあき)

覚田義明(かくだよしあき)の履歴書と経歴書・シリコンバレー・サンフランシスコ版 2013年 【株式会社ペンシルについて】 ペンシルは企業のWEB戦略を成功に導く研究開発型のインターネットコンサルティング専門会社。1995年に設立し、現在20期目を迎えました。100名のスタッフが独自の研究をもとに企業のWEBサイトを分析し、売上や成約をアップさせる為のWEBコンサルティングを実施。コンセプトワーク からサイト戦略、プロモーション戦略、システム戦略、CRM・リピート戦 (...)

元グーグル日本法人社長の村上憲郎さんが僕のアメリカ行きへの激励メッセージ【覚田義明 サンフランシスコでの挑戦】

村上憲郎
元グーグル日本法人社長兼 米国本社副社長の村上憲郎さんが僕のアメリカ行きへの激励のメッセージをいただきました。【覚田義明 サンフランシスコでの挑戦】 1993年にインターネットは商業として活用されはじめた、今年は2013年ちょうどそれから20年となる。今、行く事はタイミングとは素晴らしいと、お言葉をいただきました。3つのテーマ、3つのバズワードについて村上憲郎事務所代表の村上憲郎さんからメッセージを動画でいただきました。 http://www.youtube.com/wa (...)

アメリカに行くと言っだけで それから起こる不思議な事!

アメリカに行くといっただけで それからいろんな不思議な事がおこる。 2ヶ月前にアメリカに行くと決断した。 それから、いろんな人に話した。 ブログにも書き、フェイスブックでも書き、 Twitterでもつぶやいた。 いろんな人から応援メッセージが届く、 質問も来る。電話もかかってくる。 情報をくれる人。共感して声をかけてくれる人。 さまざまな新しいコミュニケーションが生まれる。 友人に話す。クライアントに話す。 先輩に話す。後輩に話す。同業社に話す。 (...)

ありがとうスティーブ・ジョブス。Macをありがとう。あなたのお陰で今の私がいます。

スティーブ・ジョブス氏と初めて会ったのは確か1986年 San Franciscoで行われたMacworld ExpoのKeynoteでの事だ ジョブスは壇上でプレゼンテーションを行っていた。 僕は英語がわからないのでただただ見入っているだけだった。 しかし、何か凄いものを感じて忘れられない出来事だった。 肉眼で見たのはそれっきり。しかし、これが僕の一生を決めた。 その後、日本に帰ってきて直ぐにアップルの仕事がしたいと思い 僕の好きなアップルのソフトウエアー (...)

このページの先頭へ