新入社員と面接

新入社員と面接

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい社員が二人入った。
社員募集に約50名近い応募があり
僕は、ほぼ、全員に会って話をした。

僕としては、基本的に来る人には全員に会いたいので
まず、1回に4人同時に面接を行ない
気になる人には、もう一度、ひとりずつ面接をした。

僕は、面接の時や初対面の人に対して、必ずする面白い質問がある。
その質問は、なるべく普通の質問の途中で、突然することにしている。

「今まで何人の人から『好きです』とか『つきあってください』
と言われたことがありますか?」

また「今までに何人の人に『好きです』または『つきあってください』
と告白したことがありますか?」と聞くのだ。

そうすると、その質問に対して色々な答えが返ってくる。

すぐに明るく答える人もいれば
「どうしてそんなことを聞くんですか?」と聞き返す人や
挙動不審になる人。また、すごく不信感を持って答える人もいる。

僕が、どうしてこんな質問をするのかというと
人から好きと言われることは、とても大事なことだと思うからだ。

仕事をする上で、「何かを売る」ということがあるとする。

それは、商品やサービスを売るだけではなく
自分自身を売ると言うことでもある。

お客さんが、その人自身に興味を持ち、魅力を感じてくれているからこそ
その人から商品を購入する。

異性から好かれると言うことは、異性として魅力があるだけではなく
人間としても魅力があると言える。

だから、僕は、少しでも多くの人から「好きだ」と言われたことのある人と
一緒に仕事をしたいと思う。

それは、僕の価値観だけでその人の評価をするのではなく
その質問の答を聞くことで、他の人からの評価を聞き出しているとも言える。

また「人を好きになる」と言うことも、とても大切なことだと思っている。
人のいい所を見いだしたり、好きな人に出会える環境にあるということだ。

それから、「告白した」ということは、自分が手に入れたいと思ったり
欲しいと思うものについて、積極的にアプローチをしていることになる。

自分の夢を現実にするため、目標を達成するために行動をしていると
言えるからだ。

何人の人から「好きです」と言われたことがありますか?
何人の人に「好きです」と言ったことがありますか?

この2つが面接を行う上での、僕の重要な質問だ。

しかし、実はこの質問には、もうひとつ重要な意味がある。

普通の面接というものは、なんだかお芝居みたいだ。
面接を受ける方もする方もハウツー本を読んでいるので
台本に沿って話しをしているようで、意味がないような気がする。

そこで、普通の簡単な質問の中で、突然、異色な質問をしたときの
相手の反応を見ることで、その人の本当の姿を垣間見ることができるのでは
ないかと思う。

そういった相手が想像もしていないような質問をすると
いろんな反応が返ってくる。

中には、その答えを拒否する人もいる。

しかし、会社に入って仕事をすれば、お客さんや取引先から
突然、失礼なことや無理なことを言われたりする。

そんな時に、動揺して、おろおろしたり、しどろもどろになったり
目がキョロキョロしてしまうようではダメだと思う。

そういう突然の思いがけない質問も、まず笑顔で受け入れ
そして、落ち着いて答えることができなければならない。

たとえ、それに対して答えられない、または、答えたくないとしても
上手に断り、さわやかな印象を与えることが重要だ。

という訳で、質問をしてから答えを言うまでのその人の様子を
僕は、評価する上でのいちばんの判断材料にしているのだ。

昔、ある尊敬する社長が言っていた。
「異性にもてない人は、社内でも人気がなく、お客さんにも相手にされず
仕入れ先にも無理を言えず、結果的にいい営業ができない。」

僕は、この言葉に感銘を受けて
今でも、面接の時にこの質問をすることにしている。

そして、評価しているのは、学歴や職歴ではなく
その瞬間に垣間見ることができる、その人の素顔と対応力だ。

人の価値というのは
不意の時にのぞかせる素顔の裏に隠されているのではないかと思う。

===========================================================
覚田義明コラムについて
このコラムは、僕(覚田義明)が1999年、34才の時に書いたモノです。
会社を設立して4年目の行き詰まった時、その時の自分の思いをまとめて
おこうと思い書いていました。
友人達に毎朝送っていたメールマガジン「ふくおかTODAY」に掲載して
いた「コラム」で、僕の考え方や物の見方、また様々なものに対しての感想を
書いています。
毎週1本のペースで書いていき、全部で64本になっていました。
それらを、今回2011年に少し修正して記載しています。
============================================================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは停止中です。

このページの先頭へ