おいしそう!

おいしそう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕はアメリカに仕事や遊びなどで、10回ぐらい行ったことがある。
そこで食べる料理は、はっきり言ってあまりおいしくない。

高いレストランに行けば、それなりの味はするけれど
通常は、量は多いけれど、大ざっぱな味付けだ。

しかし、「美味しい」と「美味しそう」はどうも違うらしい。
アメリカの料理で美味しいと思った事は少ないけれど
「おいしそう!」とは、何回も思った。

ある時、スタンフォード大学の近くのステーキハウスに
アップルジャパンの元副社長と食事に行った。

彼は日本語が少し話せて、僕は英語が全く話せないのだ。
これから一週間、彼と一緒に仕事をするというのに
ほとんどコミュニケーションがとれずに僕は困っていた。

そのレストランのテーブルには、赤と青の大きなテーブルクロスが
ひいいてあり、さらにその上に、白いテーブルクロスがかけてある。
その白いテーブルクロスは使い捨てで、よく見ると紙でできている
ようだった。

席につくと、一番最初にコップが出てきた。
そのコップの中にはクレヨンが入っていた。

細長いのもあれば、使って小さくなった太くて短いクレヨンもあった。

周りを見ると、みんな、そのクレヨンでテーブルクロスに落書きをしている。
僕は、ちょっと驚いたけれど、すぐにそれを使い始めた。

落書きをしながら、彼と色々な話をした。
料理が運ばれてきてテーブルに置かれても、そのすき間をぬって
落書きを続けた。

知らない単語を絵で描いたり、システムのことは図に書いたりして
なんとか話ができ、お陰で打ち解けて、なんだか楽しい出張になった。

この事は、僕の中で「とってもいいなぁ」と思った事として
脳裏に刻み込まれた。

また、別の旅行で、アメリカの5つ星のレストランに行ったことがある。
僕たちは、お金があまりなかったので
なんとか予算内で美味しく楽しく食事をしたいことを伝えた。

ディナーが始まった。
料理は奥からワゴンに載せて運ばれてくる。

しかも、必ず二人ついていて、一人はワゴンを押す人
もう一人はその前を楽しそうに歩いてくる。
料理には銀のフタがしてあり、なんの料理かはわからない。

料理が目の前に置かれると
二人は僕たちの顔をのぞきこむようにして、にっこりと微笑んだ。

そして、取っ手に手をかけると、素早くフタを取り
また、こちらを向いて微笑んだ。

まるで、手品でもしているような、ショーのような雰囲気である。
なんだか、食べる前から美味しそうで、何より楽しい食事といった感じだ。

最後に、デザートが、またフタ付きで出てきた。
今度は、今までの倍以上もある大きな銀のフタだ。

そして、それがゆっくり開けられると、中から白い煙が出てきた。
白い煙の中からは山の形をした黒いチョコレートが現れた。
その山のてっぺんには、噴火口のような穴があいていた。

ドライアイスが仕込んであるのだろう。
その煙は噴火口から尾根を伝うように下に向かって流れていて
お皿を越えてテーブルにも広がっていった。

それは、雪のようにも川のようにも見えて、ロウソクの光に照らされ
すごくきれいで、もう最高だった。

食べてみると、表面は薄いチョコレートで
中はアイスクリームだった。

なんだか、アメリカの食事はいつも驚かされることばかりだ。
料理そのものの味を楽しむというよりは、その時の雰囲気や場所を楽しめて
「味」より「楽しい」、「美味しい」より「美味しそう」を追及している
といった感じだ。

お店に入るまで、料理が出るまで、料理の出し方
最後のデザートのゴージャスさ
また、帰るときのちょっとしたサービスなど、どれをとっても素晴らしい。
さすが、プレゼンテーションの国だ。

また、アイデアが独創的で、お店によってもサービスが全然違う。
だけど、どれもこれも僕を楽しませてくれる。

なんだか、「世の中には決まりはないよ、好きにしてごらん。」
という声が聞こえてきそうだ。
そして、その究極の形がアメリカのディズニーランドだなぁと思った。

中身はもちろん大事だが
それを分かりやすく、楽しそうにみせるデコレーション。
そして、前後のプロセス、その全体がサービスで
どれが欠けても物足りない。

この事は、料理だけでなく、全てのサービスについて言えると思う。
また、人に対しても言えるのかも知れない。

お互いが、「ショー」のように「手品」のように魅せられたら
世の中がなんだか楽しくなるのではと思う。

「食べさせるより楽しませる、見せるより魅せる・・・」

===========================================================
覚田義明コラムについて
このコラムは、僕(覚田義明)が1999年、34才の時に書いたモノです。
会社を設立して4年目の行き詰まった時、その時の自分の思いをまとめて
おこうと思い書いていました。
友人達に毎朝送っていたメールマガジン「ふくおかTODAY」に掲載して
いた「コラム」で、僕の考え方や物の見方、また様々なものに対しての感想を
書いています。
毎週1本のペースで書いていき、全部で64本になっていました。
それらを、今回2011年に少し修正して記載しています。
============================================================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは停止中です。

このページの先頭へ