「2014年2月」の記事一覧

「2014年2月」の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロードランナー(Lode Runner)を移植開発し100万本以上販売したシステムソフト社。日本初のマウス付パソコンNEC PC-100(1983年)と共に出荷されたゲーム『ロードランナー』は1週間で開発し2000万円で受注した。その開発秘話をインタビューした! 樺島正博物語1983年 樺島正博×覚田義明

樺島正博 × 覚田義明 3回目mini1
ロードランナー(Lode Runner)を移植開発し100万本以上販売したシステムソフト社。日本初のマウス付パソコンNEC PC-100(1983年)と共に出荷されたゲーム『ロードランナー』は1週間で開発し2000万円で受注した。その開発秘話をインタビューした! 樺島正博物語1983年 樺島正博×覚田義明 ロードランナー(Lode Runner)を1983年システムソフト社で移植開発しNECのマウス付パソコンPC-100と共に出荷する。これが、ロードランナーの日 (...)

システムソフト社設立秘話・ロードランナー、ミッドナイト・マジック、チョップリフター、大戦略、上海、天下統一、エアーコンバットなどを開発・販売。樺島正博物語1980年:樺島正博×覚田義明

樺島正博 × 覚田義明 3回目_DSC5006
システムソフト福岡を1979年に設立。コンピュターを販売していたシステムソフト福岡。NECの地域戦略において福岡という名前を付けていたが更にグローバルなビジネスを行う為に社名から福岡を取りシステムソフト販売という会社名に変更した。そして、コンピュターソフトを扱う専用の会社を新たに設立する。それが株式会社システムソフト(SystemSoft Corp.)である。ソフトウエアーの企画・開発・マーケティング・ローカライズ・移植開発・販売を行う。初期の代表作として『ロードランナー』『 (...)

Adobe Illustrator、Photoshop日本語版を創った男。日本のデジタルデザインの功労者・樺島正博プロフィールインタビュー:樺島正博×覚田義明

樺島正博・覚田義明個・正面写真 DSC4566 - バージョン 2
Adobe Illustrator、Photoshop日本語版を創った男。日本のデジタルデザインの功労者・樺島正博プロフィールインタビュー:樺島正博×覚田義明 【まとめ】このプロフィールのインタビューの内容をまとめました。! システムソフト社の設立秘話 / 遊撃王(エアーコンバット)の開発・販売  / Shade (シェード)の開発・販売 / アップルコンピュターへのR&Dの提供 / 日本電気8800用の漢字ベーシックを開発・販売 / 1984年にAppl (...)

Adobe Illustrator 日本語版の誕生の秘密! 開発費は3億円。日本のデジタルデザイン、DTPはどのように生まれたのか? アドビイラストレーター日本語版の開発元・日本総販売元の元システムソフトの樺島正博氏に開発秘話と経緯を伺った:樺島正博×覚田義明

樺島正博 × 覚田義明 _DSC4790
今では日本中で使われるようになった。Adobe IllustratorとAdobe Photoshopだか、最初は日本語版の開発さえも計画に無かった。しかし、そんな時、福岡のある男が立ち上がった。それが樺島正博氏だ。Adobeが日本のマーケットに興味が無い時に何度もシリコンバレーに足を運び、Adobeにプレゼンをして日本での販売、日本語版開発、プログラム開発コード公開の承諾を得た。すなわちシステムソフトによるAdobe Illustratorのエクスクルーシブ販売契約(日本独 (...)

樺島正博さんチャンスと環境をありがとう! 元システムソフト グーループ大社長へ 樺島社長の最後の秘書、覚田義明

樺島正博・覚田義明個・正面写真 DSC4566 - バージョン 2
僕がコンピュター業界に就職できたのは樺島社長のおかげだ。今から28年前の1986年。システムソフト販売の面接に落ちた僕は。システムソフトグループの数社を束ねる大社長である樺島正博社長に直接面接をお願いした。樺島さんは面接をしてくれて当時のシステムソフトの入社規定である大学卒業や理系である事、英語が解ること、などのレベルを除外して特別に僕を通してくれた。高卒で建築科しかでていない僕を雇ってくれたのだ。更に入社試験も受けないで入社をさせてもらった。入社して600人もいた会社の中で (...)

このページの先頭へ