タイムマシーンを仕事に使うのがタイムマシーンビジネス。最大限に活用する!

タイムマシーンを仕事に使うのがタイムマシーンビジネス。最大限に活用する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイムマシーンを仕事に使うのがタイムマシーンビジネス。
しかし、言い方を変て、タイムマシンマーケティングと言おう。
僕が1986年にサンフランシスコ、シリコンバレーに行って
そこで見てものは、日本とは10年の差があるように感じた。
僕はそれを利用して日本でデジタルグラフィックスの
仕事を行い。あたかも自分が先を見える様に振るまい
誰よりも先駆者的な仕事をしてきた。
しかし、それは間違いだった。
10年の差では無い。アメリカはiPhoneを生み出した。
それを見た時に感じた。日本はウオークマンを作れても
iPodをiPhoneをiPadは作り出せない。
実は10年どころの差では無い。100年以上の差があり、
それは永久に平行線だった。
しかし、勉強は出来る。
アメリカの思想や考え方を常にウオッチし
理解し真似をし、アメリカのアドバイスを
忠実に真似してみる。
そして、活用できるかどうか
その後検討してみる。それが大事だと思う。
日本のコンピュター、ネット、WEB、
マーケティング、サービスは必ず
アメリカの3年から5年後にやってくる。
そういう意味で、僕は今回アメリカにやってきた。
そして、僕が得た情報をそのまま
公開していきたいと思う。
ぜひ、活用して欲しい!
【覚田義明 シリコンバレー・サンフランシスコでの挑戦】

http://www.youtube.com/playlist?list=PL6PtKDrsvjdj4mGBRjdhhwGryC8FolCjI

また、僕に情報やノウハウを教えてくれた
企業やサービスに対しても同じだけ
日本の情報やサービス、技術を伝えていきたい。
そして、お互いにメリットのあること、
「3方良し」を実現したい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは停止中です。

このページの先頭へ