WEB会社の未来! サンフランシスコのWEB業界の現状と日本の未来! グロースハッカー(Growth Hacker)とは?

WEB会社の未来! サンフランシスコのWEB業界の現状と日本の未来! グロースハッカー(Growth Hacker)とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
WEB会社の未来! サンフランシスコのWEB業界の現状と日本の未来!
シリコンバレーから始まった新しい形のマーケッター、
グロースハッカー(Growth Hacker)とは?

2013年、今、サンフランシスコではWEB会社は無くなった。
たしかに1人で行うフリーランスや2〜3人のWEB会社は存在する。
しかし、数十人以上のWEB会社であるホームページ制作会社や
システム開発会社などは淘汰された。
ブランドンとかくだ
2005年、その頃のサンフランシスコには沢山のWEB会社があり
学生もWEBやITの勉強をし、こぞってそういう会社への就職や
起業を目指していた。しかし8年後の今WEB会社は無くなった。
アメリカで起こっているこの事態はきっと日本でも
いづれ起こるに違いない。
きっと7年後には同じ状態が起こるのではないだろうか?
2010年、アメリカと同じ事が起こった日本では
WEB会社はどうやって、生き残るのか?
実際に今、サンフランシスコで生き残っている
数少ないWEB会社を参考にその歴史と流れを追ってみた。
そして、WEB会社が生き残る方法を考えてみた。
その一つが特殊性だ。スペシャリストでなくてはならない。
ただ、デザインが出来るだけとかでは生き残れない。
その理由の詳細は以下の動画見て欲しい。
「アメリカでWEB制作会社が存続できない理由とは?」
そして、新しく生まれたキャリアスタイル
グロースハッカー(Growth Hacker)とは
なんだろうか?
シリコンバレーから始まった新しい形のマーケッター。
グロースハッカー実はそれはペンシルが目指してきたことと
似いているかもしれない。
1997年に私が気づき追い求めてきた
「成果を出すWEBとは、WEBマーケティングとは?」
その答えが見えたかも知れない。
【ペンシル 覚田義明 シリコンバレー・サンフランシスコでの挑戦】
サンフランシスコのWEBコンサル会社btraxの代表
Brandon(ブランドン)と日本のコンサル会社
ペンシルの代表の覚田が対談した。
WEB会社の未来! サンフランシスコのWEB業界の現状と日本の未来!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは停止中です。

このページの先頭へ