アマゾンが流行った本当の理由と試行錯誤が終わったアメリカのEコマース、システム開発会社の行方!

アマゾンが流行った本当の理由と試行錯誤が終わったアメリカのEコマース、システム開発会社の行方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アマゾンが流行った本当の理由とアメリカの試行錯誤が終わった

オンラインコマース(Eコマース)の現状とアメリカのシステム会社の行方!


アマゾン、ebay、etsy、ASP ECカート、システム開発、フルスクラッチ開発など

アメリカの通販のシステム開発はどうやってやるのか、またアメリカでの

システム開発会社の行方はどうなっているのか?

サンフランシスコのWEBコンサル会社btraxの代表Brandonにインタビューをした。

ぜひ、全編の「アメリカでWEB制作会社が存続できない理由とは?」と

一緒に見て欲しい。出来ることなら先に↓以下を見て欲しい。


さて、アメリカでの通販(通信販売)の試行錯誤が終わった。

オンラインコマース(Eコマース)は既に整理されている。

商品や目的によってシステムが使い分けられているのだ。

そして、そんななかシステム開発会社はどうなって行くのか?

まだ、書き起こせていないので、ぜひ、動画で見てほしい。




【覚田義明 シリコンバレー・サンフランシスコでの挑戦】

サンフランシスコのWEBコンサル会社btraxの代表

Brandon(ブランドン)に日本のコンサル会社

ペンシルの代表の覚田がインタービューした。


このページの先頭へ